建築の明日を拡げる

建築の明日を拡げる

私たちの使命は、文化的営為としての建築の記録、考究および実践を通じて、常にその可能性を担保し続け、最大化することです。

Events

第64回理工展「支配」
支配 早稲田大学理工キャンパス概要この展示では、環境を空間化することで、会場を支配することを企てました。環境を空間化する...
Read More "第64回理工展「支配」"
第63回理工展「64 業館 〜建築における業とは〜」
「業」とは、人として生まれついて、不合理だとは分かっていても行ってしまうふるまいのことである。落語家の立川談志は「落語と...
Read More "第63回理工展「64 業館 〜建築における業とは〜」"
第62回理工展「誰のための建築?」
for whom the bell tolls... 建築学科にいながら、建築よりも好きなことがある、ちょっとヒネクレた...
Read More "第62回理工展「誰のための建築?」"
第61回理工展「建築する精神」
・ひとつのアンチテーゼとして――現代生活へのalternativeの提示・自らの創作活動の範囲と姿勢を明言する場として―...
Read More "第61回理工展「建築する精神」"
第60回理工展「建築中毒」
建築中毒でお困りの皆様へ 過去数十年、建築界隈の多くの人々を苦しめてきたこの疾病でありますが、 当会は長年にわたる研究の...
Read More "第60回理工展「建築中毒」"

Literal

特別増刊:吉川清作の生涯と作品
特別増刊:吉川清作の生涯と作品(2017年12月1日発行・B5判162頁) はじめに 10 第1章:吉川清作の生涯について 11 第1節:生まれから独立まで 1...
Read More "特別増刊:吉川清作の生涯と作品"
第4号
第4号(2016年9月1日発行・B5判88頁) 目次 赤野一人    墨壺(2) (p.3) 石原智成/加藤旭日 &nb...
Read More "第4号"
第3号
第3号(2016年5月1日発行・B5判88頁) 目次 赤野一人    墨壺(1) (p.5)落合悠斗    吉川清作と乞...
Read More "第3号"
第2号
第2号(2016年2月1日発行・B5判64頁) 目次 落合悠斗    吉川清作と乞食の家(2) (pp.4-15)Pham Ngoc Tha...
Read More "第2号"
第1号(創刊号)
建築都市文化史誌aft第1号(2015年11月1日発行・B5判80頁) 目次 明日の建築会    創刊の辞 (p.3) ...
Read More "第1号(創刊号)"