りてらる 投稿規程

2017年5月18日 施行
2018年3月3日 一部改正
2019年12月21日 一部改正


第1条(趣旨)
(1) 明日の建築会(以下「本会」という)が発行する雑誌『りてらる』(以下「本誌」という)に対し、原稿を投稿しようとする者(以下「投稿者」という)は、本規程に同意しなければならない。
(2) 投稿者について、会員・非会員の別、その他の資格の有無は問わない。

第2条(内容)
(1) 投稿しようとする原稿(以下「投稿原稿」という)は、次の各号を満たすものとする。ただし、絵画・写真・漫画などの平面作品および文芸作品は、第1号の規程を適用しない。
① 古今東西の建築に関する考究に基づき、広く読者に裨益するところのある論考・批評もしくは資料であること
② 投稿者本人が執筆したものであること
③ 未発表であるか、少なくとも一部に未発表の知見を含むこと
(2) 雑報・会告・イベント告知などの短信については、投稿者および本誌の発行人(以下「発行人」という)の協議により本規程の全部もしくは一部を適用しないことができる。

第3条(形式)
(1) 使用言語は問わない。ただし、タイトルおよび著者名は英訳を付記すること。
(2) 図表は通し番号及びキャプションを付すること。
(3) 他文献より引用する際は、APA、MLAもしくは標準的な方法により典拠を明示すること。

第4条(倫理規程)
投稿原稿は、別に定める倫理綱領に適合していなければならない。

第5条(投稿原稿の採否)
(1) 投稿原稿の採否は本会の判断による。
(2) 投稿原稿の採否が決定次第、速やかに投稿者に通知する。
(3) 投稿原稿はその採否によらず返却されない。

第6条(著作権)
(1) 投稿原稿の著作権は投稿者に帰属する。ただし、投稿者は、投稿原稿について、本会および発行人に対し、日本を含むすべての国と地域において、以下の第1号から第6号までの利用を認めるものとする。
① 紙媒体出版物(オンデマンド出版を含む)として複製し、頒布すること
② DVD-ROM、メモリーカード等の電子媒体(将来開発されるいかなる技術によるものをも含む)に記録したパッケージ型電子出版物として複製し、頒布すること
③ 電子出版物として複製し、インターネット等を利用し公衆に送信すること(投稿原稿のデータをダウンロード配信すること、ストリーミング配信等で閲覧させること、および単独で、または他の著作物と共にデータベースに格納し検索・閲覧に供することを含む)
④ 第2号および第3号の利用において、電子化にあたって必要となる加工・改変等を行うこと、見出し・キーワード等を付加すること、プリントアウトを可能とすること、および自動音声読み上げ機能による音声化利用を可能にすること
⑤ 第1号から第4号(第1号についてはオンデマンド出版の場合に限る)の利用に関し、本会および発行人が、第三者に対し再許諾すること
⑥ Creative Commons CC-BY 4.0 Internationalライセンスを付与すること
(2) 前項第6号について、投稿者が投稿時に適用しないことを申し出た場合には、これを適用しない。

第7条(著作権利用料と掲載誌)
(1) 本会および発行人は、前条第1項各号に定められた利用を無償で行えるものとする。
(2) 初版発行の際に掲載誌1部を投稿者に進呈する。

第8条(内容の保証)
(1) 投稿者は、本会および発行人に対し、投稿者が投稿原稿の著作権者であって、本規程を有効に承諾する権限を有していることを保証する。
(2) 投稿者は、本会および発行人に対し、投稿原稿が第三者の著作権、肖像権その他いかなる権利をも侵害しないことおよび、投稿原稿について第三者に対して出版権、質権を設定していないことを保証する。
(3) 投稿原稿により権利侵害などの問題を生じ、その結果本会、発行人もしくは第三者に対して損害を与えた場合は、投稿者は、その責任と費用負担においてこれを処理する。

附則
(1) 本規程に定めのない事項は、発行人と投稿者の協議による。
(2) 本規程は2017年5月18日より適用する。