ようこそ!

「だれのための建築?」 (2015.11.7-8)

はじめての方へ

明日の建築会(あすのけんちくかい) は『建築』を自身の軸として創作や実践に取り組む人の集まりです。 2012年に早稲田大学建築学科に所属していた学生有志が中心となって結成されました。現在でも社会人・現役学生を含め分け隔てない同人組織として活動を続けています。

目的は何ですか?

私たちの使命は、「文化的営為としての建築の記録、考究および実践を通じて、常にその可能性を担保し、あるいは最大化すること」です。
すなわち、時代の主流に対して、そこから取り残されるものに目を向け、それらを記録するとともに、そこからの発展した世界の可能性を提示し続けることが、本会の目的です。

どんな活動をしていますか?

主な活動としては、各種イベントへの出展、勉強会・見学会の開催、雑誌『りてらる』の発行があります。これらは 個々人の興味により、個人または数人のメンバーを募って実施しています。

ですから、本ホームページで取り上げる活動は、いずれも同人が何らかの形で参与しているものですが、必ずしも会としての枠組みの中で実施されたものではありません。

明日の建築会は、個々人の『建築』に対する多様な実践を大らかに包容しながら、その可能性を拡げるために前に進む団体でありたいと願っています。


どうすれば参加できますか?

私たちは同好の皆様の参加を歓迎します。所属・年齢(社会人・学生の区分)は問いません。また、固定的な会費等もありません。

ご興味をお持ちの方はこちらからお知らせください。折り返しご連絡差し上げます。


Infomation

名称明日の建築会(あすのけんちくかい)
設立2012年
同人数約60人
主な拠点東京・奈良・大阪・茨城・札幌
主な活動・展示出展
  ・早稲田大学理工展(2012-)
  ・校境なき文化祭(2017)
  ・ 井の頭恩賜公園100周年記念祭(2017)
  ・せたがや光の芸術祭(2019-)ほか
・雑誌発行(『建築都市文化史誌aft』2014-2018、『りてらる』2019-)
・都市における空き地空間の開拓(アキチテクチャ
・古民家改修提案(2019-)
  ・鳥取島根プロジェクト(2019-)
  ・江の島プロジェクト(2019-、NPO法人湘南ジモティと協働)
受賞歴・伊勢丹+Ready to Fashion『 DENIM ACT NIGHT 002 』(2018、優秀賞・森川賞、鈴木新)
・せたがや光の芸術祭(2019、入賞)
社会貢献・国立国会図書館 著作者情報公開調査への情報提供(吉川清作の著作権継承者について)
メディア掲載 FrazeCraze「社会とつながる独自の活動がアツい、全国の建築学生団体インタビュー!」(2016)
Media100 「前衛的な建築サークル、明日の建築会の実態に迫る」(2017)
100BANCHI「都市の隙間をハッキング 「空き地」は可能性に溢れた空間だ!」(2019、アキチテクチャ)
創業手帳「 横浜の女性起業家が集結「横浜女性起業家COLLECTION2019」開催レポ 」(2019、すみれこ)
ウェイド『茶柱探検隊』(2019-連載中、すみれこ)
稲門建築会『WA 2020』インタビュー(近刊予定)